無線LAN

2017/12/14

会社を比較的早く脱出して、買ってきました無線LANのAP。希望の要件としては

  • b/g必須(できればSuperG対応)
  • できるだけ最新のセキュリティ規格に対応していること(WPA位は)
  • ハードウェアスイッチが付いていて、いつでも電源OFFできること

しかし、これっぱかしの要件なのに、特に三番目を満たしている機種がない。VAIOを自宅で使うときだけなので、普段切っておきたいんですよね。IOデータのルータ機能内蔵のWN-APG/Rシリーズがもっともいいが、ルータ機能いらないんだなぁ。
で、結局買ったのはPLANEXのこれ

PLANEX 無線LANアクセスポイント GW-AP54SGX

PLANEX 無線LANアクセスポイント GW-AP54SGX

  • 出版社/メーカー: プラネックス
  • 発売日: 2004/07/20
  • メディア: Personal Computers
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
ぶっちゃけ値段で選びました。IOデータの機械はちょっと高かったし。当たり前だけれど、設定も有線経由じゃないとできないし、必要な機能そろってそうだったので。帰宅してから設定して、VAIOの無線LANボタンをONにしてみると…見慣れないアクセスポイントが三つもある(^^;。全部暗号化されてないし(^^;;。もちろん入ったりしませんが、AirSnortとかつかったらいっぱつでばれそうだな。このアパートでこんな近くに無線LAN使っている人がこれだけもいるとは思わなかった。
とりあえず電波の強さを最小にしてみたけれど、どこまで届くのかなぁ。