大好きだったトライエースのゲームをやらなくなった理由4からの続きです。

 

tentama315.hatenablog.com

ラジアータストーリーズで、まあ何か裏切られた感を感じていた訳ですが。

そんな時今度はその一年後、2006年6月22日に、何とヴァルキリープロファイルの続編。

ヴァルキリープロファイル2~シルメリア~が発売されます。

f:id:hosino1977:20150929124041j:plain

ラジアータストーリーズで開発期間みじかっ!

って思ったのに今度はさらに半分の1年ですよ!?

これはスクウェアお得意のヒットタイトルを機関銃のように開発して売りまくれ、と言う営業理念が色濃く出ている事を感じずにはいられませんでした。

まあ合併したお陰で開発スタッフが増えて、CGとか開発が早くなったんですよ。

と言うのもあったかも知れないし、もしかしたらヴァルキリーは別の部署で開発が進んでいたから、たった1年で出たと言う可能性もございますが。

まあブロ主の浅慮はさておき。

批判するにもやってから、それにあれだけ楽しめた、ヴァルキリープロファイルの続編じゃないかと、買う事にしました。

そして実際プレイしてみて、最初に思った事は絵綺麗、アリーシャたん可愛い。

(*´ω`*)

かなりヒロインが可愛かった印象があります。

パッケージ絵は大航海時代の絵師が書いたぽい絵ですが(あんまり詳しく無いですが、たぶん同じ人?

f:id:hosino1977:20150929134320j:plain

こんな感じに渋いですが。

ゲーム中の絵は。

f:id:hosino1977:20150929134520j:plain

こんな感じに見目麗しき美貌になっています。

でも声がクレしんのしんちゃんの声をやっていた矢島晶子さんだったらしく、まじで! こんな可愛い顔の子が、ぞお~さん、ぞう~さんとかやっちゃうの?

とまでは声優ネタはしませんが、本当にアリーシャの声は可愛くて、滅茶苦茶ギャップを当時感じた記憶があります(笑)

それで肝心のゲーム内容ですが。

ストーリーは前作ブラムスに何か知らないけど、取っ捕まっていたシルメリアが、今回のヴァルキリーで、それに憑依されてしまった人間でディパン国の姫アリーシャが主人公となっており、オーディンの企みを阻止しようと考えているシルメリアの導きに困惑しながら旅をするのが今回の話の大筋です。

話も前作を知っていれば、気になるし見てみたい話だったので納得の出来で、最後まで目を見張るストーリーにはなってたかと思います。

もうレザードとかねレザードとかねレザードとかね(笑)

とまあそんな感じにストーリーは申し分ありませんでした。

戦闘システムもスターオーシャンの戦闘とヴァルキリーの戦闘の良いところを混ぜて作ったような感じで、とても楽しめました。

ただ残念なのが、今回の仲間キャラ、エインフェリアですが、確か技に個性が無くなってしまった記憶があります。

初代のヴァルキリープロファイルでは、キャラごとに個性ある技を持ってたと思いましたが、シルメリアでは剣士なら剣士の、弓なら弓の、魔法使いなら魔法使いの固定の技にみんななっていて、とても味気なく感じました。

一人一人考えるのは大変かも知れないけど、ヴァルキリーの続編をうたうなら、そこはしっかりして欲しかった。

後やりこみ要素も、何かやる気が起きない仕様になっていたんですよね。

それは確か難しくて深いダンジョンを耐えられないくらい周回させる、そう言う感じになってたかと思うのですが。

これは、別のゲームの話ですが、制作者が地獄をイメージして作った、スペクトラルタワーを連想させました。

何でしたっけあれ? 1000階登ったら次10000階登れって仕様でしたっけ。

まあちょっと話はそれましたが、まあシルメリアの隠しダンジョンは、スペクトラルタワーに似ていて、やりこみ好きでもこれは諦めるってレベルの物でしたね。

まあオーディンが神の力だとか言って、アリーシャのパンツを覗いてたのは笑ったけど。

まあ後、ちょこっとクリアすれば真のエンディングが見れるって言うんで、それまではクリアしましたが。

そのエンディングも何だかなーって感じでしたね。

結局何か死に別れみたいな、煮え切らないエンディングで、感じ方は人それぞれですけど、ですけども…何か駄目でした。

またしても最後に満足感を持ってかれた感じです。

僕はこれ以降トライエースの作品は買わなくなりました。

スターオーシャンの4とかXボックスで出てたけど、やっても自分にはどこか合わない感じがあるんだろうなと思い買うのを止めたのです。

単に年を取ってゲームをやるのが面倒くさくなっただけかも知れませんが。

やはりスクエニ合併後のトライエースの作品は自分には魅力が無くなったと感じざるを得ません。

まあゲーム自体がつまらなくなったのでは無く、僕には合わない方向に変わってしまっただけの話かも知れないですが。

でも出来たらまた、スターオーシャン・セカンドストーリーを手に取った時のような感動するゲームをやれたらなと感じます。

以上、僕がトライエースのゲームをやらなくなった理由でした。

長文な上に大したオチも無くすみません。

また何かゲームの思い出で思い出した事があったら日記にしますので、良かったら読んでください。

ではでは次回の思い出で。

(*・ω・)ノ

tentama315.hatenablog.com